合同説明会に参加して円滑に内定を得る

日本企業の多くが12月から2月にかけて合同説明会などのイベントを開催します。その目的は企業と就活生が直接交流を持つことで、情報を提供するだけでなくより志望度の高い就活生を探すことにあります。

合同説明会は新規採用の選考過程の入口に位置しており、より多くの就活生に企業の存在と活動の概要を知ってもらうために行われるものです。

一般的に大規模なイベント施設で開催される合同の説明会には多数の就活生が訪れます。


各企業のブースでは人事担当者が直接説明を行うことになりますが、その時間は数分から30分ほどの短いものです。

より詳細な説明は後の個別説明会で行われます。

個別説明会ではエントリーシートの配布が行われることもあり、必ず参加することが求められるイベントです。



一方合同説明会は基本的に就活生に興味を持ってもらうために行われるものなので、必ずしも参加が求められるわけではありません。
しかし合同説明会も、企業の人事担当者を通して直接的に就活生の思いを伝える場としての役割を担います。

企業はより志望度の高い就活生を必要としており、どれほどその企業への就職を望んでいるかが選考の際の1つの基準となります。

合同説明会情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

合同の説明会でも出席の状況確認が行われる場合も存在します。


そのため確実な内定を求める就活生は、積極的に合同説明会に参加する必要があります。



企業が開催する合同の説明会などのイベントに参加し熱意をアピールすることで、その後の内定までの道のりを円滑なものにすることができます。